2018.03.06

ホンダの悪手はなぜ悪手なのか。どうするべきなのか。スズキの対応は。


なぜ、ものすごい悪手なのか。
問題は、まず不可逆な戦略だと言うことだ。失敗したときに戻すことが出来ない。
そういうことをやるときにはテストをするはずだが、、、、
どこかでテストをしたのだろうか。例えば一つの県だけやってみるとか。

一番問題なのは小売店の気持ちが離れることだ。そしてその先にユーザーがいる。
ホンダの小売店はおそらく、ホンダのファンであり顧客だ。ソニーもそうだが、コアなファンが支えているというのは重要なことだ。そこを蔑ろにすると取り返すのは不可能に近い。もしできたとしても、何倍もの手間とコストがかかるだろう。
その上、最悪のケース、250cc以上の販売網と顧客をスズキに持って行かれる可能性がある。ここはスズキがうまくやれるかにもよるが、、、、

スズキはどう対応するべきか。
私がスズキのマーケターなら、4月からホンダユーザーに大セールを仕掛ける。携帯バリにホンダからの乗り換えには割引と販売奨励金を振る舞う。小売店には、バイク本体を置かなくてもパンフレットだけでも置かせてもらい、パンフレットから売上に繋がったら利益を小売店にバックする。さらに、契約にはないはずの250cc以下のバイクも同様に紹介で販売できれば販売手数料を払う。とにかく、スズキを販売するハードルを下げる。250cc以上だけではなく、それ以下についても狙っていく。

ホンダはどうするべきなのか。
もし、ブランド価値を高めて、ユーザーとの接点を増やしたいとして、
販路を作るのは良い。新しいグレードの高い店舗を作る。
とすれば、別ブランドを立ち上げるべきだろう。

250cc以下の新商品を出して小売店を守ります。って、、、方向があさってすぎる。
やるなら、250cc以上のプレミアムな新商品は別ブランドとして新店舗のみで扱います。だろう。

そして新ブランドでハーレーダビッドソンをベンチマークすればいい。
あ。レクサスも。

そして、顧客を紹介してくれた小売店には、その顧客が生み出す利益を永続的にシェアする。
アフィリエイト的に。それくらいやっても良いことだと思うのだが。。。

それから、もう一つ、本当にやるべきことは、安全な2輪車の開発だ。
せめて、軽自動車と同じくらいの安全性を確保した2輪車を開発することができれば、ブレイクスルーになると思う。




TrackBack
Trackback URI



Comment Form




RSS feed for comments on this post