日記・コラム・つぶやき

2018.12.14

PayPayの“100億円キャンペーン”は成功だったのか?(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュース


祭はあっさりと終わった。 コード決済サービス「PayPay」の、史上最大級ともいえる10 – Yahoo!ニュース(ITmedia Mobile)

情報源: PayPayの“100億円キャンペーン”は成功だったのか?(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュース

ああ。乗り遅れた。w

そんなの、失敗に決まってる。
もちろん、会社としては大成功!っていうしかない。
簡単に言うと、読みが外れた。甘かった。ということだろう。

もし、本当に成功だったら、、予想できていたなら、最初から3月までとは言わないはず。マーケティング的にも、期間が短いほうが刺さりやすいのだから。年内に限り!!とか言ったほうが良い。でも、それではだめなのだ。ちょっと考えてみよう。

今回のマーケティング施策、理想的にはどういう形が良かったのかを考えればわかりやすい。
Paypayが目指すのは決済手段として定着すること。ブレイクダウンすると、ざっくり、3点考えられる。

1.アプリをインストールしてもらって一度使ってもらう
2.何度も使ってもらうことで決済手段として慣れてもらう
3.対応する店を増やす

1.3.は、まあ成功といえるだろう。問題は2.である。これは、継続することに意味がある。一度だけインストールして、25万円のマック買って、ポイントで5万円の家電買って終わり。アンインストール。では困る。日々の決済手段として欲しい。そのためには10日では短すぎる。やはり数ヶ月は欲しいところだ。そのためのインセンティブが20%のキャッシュバックなのだ。
そして、1.3.についても継続しないとあまり意味がないかもしれない。それは、マーケティングの教科書によく書いてあるように、浸透するには時間がかかるため、短い時間ではアーリーアダプターにしか届かないかもしれない。アーリーアダプターは熱しやすく冷めやすいような、すぐに乗り換える層とも言えるからだ。祭りが終われば他に乗り換える。アーリーアダプターだけではなく、もう少し深くいきたいところだ。
3.については、例えば個人店舗を考えれば、今日決めて明日導入。とは難しい。やはり週末に考えて、登録して、使ってみて、導入しようかな。くらいだろう。となると、やはり数ヶ月は欲しい。

なぜ失敗したのか。
まあ、売上データを見れば一目瞭然だと思うが、おそらく大物に偏っているのではないだろうか。特にアップル製品などの値段が崩れないもの。
アップル製品を転売するだけで20%の利益。アカウント1つあたり5万円。20個用意すれば100万。
もっと言えば、転売すらする必要がない。各店舗の人が、使ったことにするだけで20%の利益。25万円の商品が売れたことにするだけで5万円もらえる。

一人あたりのポイントバックの分布を見てみたいところだが、4万円以上のところに固まっているなら大失敗。100億円で1人5万円だと、のべ20万人。これ、複数アカウントを考えると、本当は10万人とか、もっと少ないかもしれない。顧客獲得単価はものすごい事になってそうだが。。。

それでも、認知度はものすごく上がった。まさに花火を打ち上げた。
ここで打ち切ると継続性の問題が残る。まあ、続けてやるとすれば上限5万じゃなく、上限1万か、5千かな。10%にしても良いが、インパクトが薄いか。

今後を考えると非常に大きな問題が残っている。
それは、この間までなら20%バックがあったのに、なくなったら損した気分がするから使わない。という問題。また、乗り遅れて損した気分がするから使わない。
やはり数ヶ月は欲しかったところだ。

うまくいくにしろ、失敗にしろ、今後のマーケティングケースとしてはおもしろいケースになるだろう。



2018.12.07

とろサーモン久保田&スーマラ武智、ツイッターで上沼恵美子へ謝罪「失礼極まりない言動」(オリコン) – Yahoo!ニュース


お笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶと、スーパーマラドーナの武智が4日、自 – Yahoo!ニュース(オリコン)

情報源: とろサーモン久保田&スーマラ武智、ツイッターで上沼恵美子へ謝罪「失礼極まりない言動」(オリコン) – Yahoo!ニュース

これはだめだ。

問題は大きく2点。

・ネットリテラシーの問題

・関係者に対する想像力不足

まず、ネットリテラシーの問題。
酒を飲んでの審査員批判は好きにすればいい。ヤイヤイいうところまでコンテンツだと思うし、その方が楽しい。

しかし、なぜそれを配信する?

ネットリテラシーが欠如しているとしか言いようがない。
立場を考えないと。。
しかも内容がひどい。ただの中傷。笑えない。ただただ気分が悪い。
そこをのぞいたとしても、
お笑いなんて、そもそも笑うという「感情」を根本としているんだから、好き嫌いなどの感情に支配されているのは当たり前。
それを否定するなら辞めたほうが良い。感情を否定したら笑えないのだから。

もちろん、厳正な、平等な審査をしてほしいというのはわかるが、そもそもお笑いにそんな審査は存在しない。そういう点では、明石家さんまが言っている、順番をつけるのはおかしいという考え方もわかる。
一方で、コンテンツとしては、やっぱり順番つけたほうが面白い。だからM-1がここまで盛り上がるのだし、個性豊かな審査員がいるからM-1が面白い。これが、ネットの投票になったら面白くなくなるだろうと思う。

そして2点目。関係者に対する想像力不足。これは、ビジネス的にも重要なことだが、色んな人の立場で考えないと物事を見誤る。
コンテンツを作る側、審査員側、審査員を選ぶ側の立場でも考えたほうが良い。
コンテンツを作る側として、審査員をおいたほうが面白いものができる。だから審査員を置きたいが、影響力が大きくなりすぎた今、誰もやりたがらないだろう。
審査員側の立場で考えると、わざわざ審査して批判されるくらいならしたくない。
審査員を選ぶ側としては、なるべく誰もが納得できるだけのキャリアと影響力、実績がある人にやってほしい。と思うだろう。でも、そういう人はわざわざ審査員なんてやる意味がない。リスクばかりでリターンがない。
結局、やりたくないものを、ある種頼み込んでやってもらっているのだろう。審査員の人選を見れば、その苦労がわかる。誰が頼み込んでいるのかはわかるよなぁ。。
だから、松本人志の顔に泥を塗っているということでもある。

審査員をやる人がいなくなれば、M-1は無くなる。審査員を攻撃するということは、M-1を破壊しようとしているのと同じだということがわかっているのだろうか。
#一般視聴者がやいやい言うのは、それも含めてのコンテンツだから問題ない。どちらかというと、やいやい言う方が盛り上がる。でも、攻撃するとやる人がいなくなるのは同じ。

今後どうするか。お詫び行脚はもちろんとしても、おそらく受け入れられないだろう。そしたら、笑いに変えるしかない。でも、これを笑いに変えられるくらいの力があればこんなこと言わないんだろうけど。

 

#しかし、上沼恵美子に変わる人がいない。女性で、漫才を知っていて、実績があって、人気があって、点数をつけても納得できる人。なんとか続けてほしい。



2018.10.31

2018年10月30日放送 外食王4 どん底から起死回生!|日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京


かつて一世を風靡した外食チェーン。しかし時代や消費者の変化を捉えきれず、売り上げが伸び悩み、店舗の大…毎週火曜夜10時「日経スペシャル ガイアの夜明け」~事実はニュースで、真実はガイアで。~ 案内人/江口洋介 ナレーター/杉本哲太

情報源: 2018年10月30日放送 外食王4 どん底から起死回生!|日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

 

簡単に各企業のマーケティングを採点。

ドムドムハンバーガー ○
サブウェイ ×
クリスピー・クリーム・ドーナツ △

といったところか。

ドムドムハンバーガーは独自路線で他にはないものを提供、しかもその商品はマクドナルドには真似されにくいところにいってるから戦略的に良い。

サブウェイは長所を更に伸ばすべきところをそのままにして、目先の技に頼り、しかも他社へ投げるという。。これでは、もしあたったとしても一過性で持続は難しいし、自社には何も残らない。吉野家も野菜をやりだしたからサブウェイはハンバーグって、、大丈夫か。。

クリスピー・クリーム・ドーナツは、カフェ風にしたというのはいいが、なぜ衰退しているのか、ちゃんと調査したのだろうか。なぜ売れなくなったのか。誰が買わなくなったのか、誰が買っていたのか。根本的に問題解決していない感じがするので△。新しい地方特化の独自商品開発は良いと思う。ただ、ターゲットはっきりさせてちゃんと戦略的にマーケティングをやったら良いと思うが。

行き当たりばったりな感じのマーケティングが多いなぁ。そりゃぁ、MBAが流行るわ。

 





« 過去の記事