2012.01.24

大学の秋入学には反対しておく。


なんか、秋入学が盛り上がっているようだが、、、、
自分自身が、秋入学だった身でいうのもなんだけども、、、

秋入学には反対である。

なぜか。理由は大きく2つ。

・春の桜の咲く頃に卒業式、入学式を行うことは日本の文化である。
 日本人にとって、桜が大きな意味をもつことは誰でもわかっていると思うが、それは卒業式や入学式といった人生の大きな転換点に桜が咲いているということもあると思う。
 桜をみると、なんとなく寂しいような、嬉しいような、感じを受ける。この文化がなくなることは非常に残念であるし、もったいないと思う。
 大学以外は春から変わらないというのかもしれないが、、、逆に、変えるのであればすべて変えるべきではないだろうか。

・秋入学にしたところで、魅力的な学校でなければ優秀な人材は集まらない。
 秋入学にすれば優秀な人材が集まってくるというのは間違いだと思う。私たちは悪くない、制度が悪いのです。的な、、、言い訳はどうかと思う。
 本来、入学時期が違っても行きたいような大学にすることが重要であって、教育内容や制度などをより魅力的なものにするチャンスではないか。
 それなのに、大学自体が差別化を行わず、自己改革もせず、、、悪いのは制度(時期)なのです。っていうのは問題のすり替えに過ぎないのではないか。
 本質的な問題は、入学時期ではなく、教育機関の問題である。春入学でも来たいと思わせるような内容を提供すれば良い。

 秋入学にするために、高校卒業後の半年の空白期間を設けることがより学生のためになるのではないかとか言っているが、、、、
 だとすれば、春入学のままで、海外の学生に向けて半年の空白期間を有意義に過ごせるような制度を作れば良いのではないか。
 それすらできないのでは、秋入学にしたところで半年の空白期間はやっぱりムダでしかないことになりかねない。

#といいつつ、ビジネススクールは、私も秋入学だったわけで。。。確かに、秋入学のほうが海外の人は多いっていうかほとんどだったけども。。
 しかし、半年というタイムラグを日本の学生に押し付けるのは不幸だと思う。やるなら、小中高大すべて同時にやらないといけない。が、桜が。。(以下略




TrackBack
Trackback URI



Comment Form




RSS feed for comments on this post